●Jago Client for Zaurus
  Ver:4.53z2
  形式:ipk
  言語:Java
  環境:Zaurus SL-C760
  備考:
                            ⇒ Download


■概要
 Jagoは、独逸のRene Grothmannさんが作成されたフリーの対局用/SGF棋
譜再現用プログラムです。日本語化されたものが茶"碁として配布されていま
す。
 ここで公開しているものは、Jago 4.53をザウルス向けにほんの少しだけ手
を加えたものです。変更点は以下の通りです。

【変更点】
 ・初期の画面サイズと表示位置修正
 ・ダイアログ画面の表示位置修正
 ・初期フォントにぱうフォントを指定
 ・接続設定ファイルのエンコーディングにUTF-8を指定
 ・国際化対応を一部修正(修正いらなかったかも?)

【2/23追加】
 ・碁盤領域拡大のため、ナビゲーション領域のダイアログ化対応
 ・碁盤領域拡大のため、ツールバーをポップアップメニュー化
 ・碁盤の拡大表示対応
  (テスト不十分のため、対戦に支障がでる可能性はあります)

【2/24追加】(Ver表記は変更なし)
 ・画面右側の表示不具合修正
 ・キー操作追加

【3/02修正】(Ver表記は変更なし)
 ・[OK]キー押下時のメニュー表示修正

 ローカル碁盤とLAN経由のPC−ザウルス間パートナー接続は実行できるこ
とを確認しました。(ただし、勝敗が決まるまでは試してないです)
 また、サーバー接続に関しては、私は囲碁を知らないので試していません。

 判明している制限事項として、ザウルス実行時のチャットウィンドウでは
全角文字が通らないようです。
 また、ザウルスのJavaは、ウィンドウを切り替えると強制的に全画面表示
となるため、対戦中にアプリケーションを切り替えた場合、碁盤のウィンド
ウが裏に隠れてしまい、対戦の続行が不可能となる場合があります。


【追加操作】
 ・メインウィンドウ
   基盤オプションに「ナビをダイアログ化」項目追加

 ・碁盤ウィンドウ
   オプションに「表示サイズ」項目を追加
   [1][2][3][4]:表示をn倍に拡大
   [Fn+Shift+↑] or [5]:表示位置を上へ移動
   [Fn+Shift+→] or [8]:表示位置を右へ移動
   [Fn+Shift+←] or [7]:表示位置を左へ移動
   [Fn+Shift+↓] or [6]:表示位置を下へ移動
   [Menu] or [OK]:ポップアップメニュー表示

※http://www.rene-grothmann.de/jago/で公開されているjarファイルは、
 そのままザウルスに持っていっても動作します。最新版が公開されている
 ようなら、そうした方が良いと思います。
 (2006/02/23時点でversion 4.7がリリースされています)


■使用方法
 以下からファイルをダウンロード後、インストールしてください。

【ダウンロード】
 ・jago_4.53z2_arm.ipk(1.2MB程度)
 ・ソース(1.2MB程度)



■画面
【初期画面】
 

【ローカル碁盤】
 


■Jago License
 JagoはGPLライセンスの下で配布されています。
 詳細はJago Sourcesをご覧下さい。



■履歴
 ・2004/12/11
【 Back 】