●ドラッグ&ドロップでXML変換ツール
 Ver:1.1
 形式:Jarファイル
 言語:Java
 環境:J2SE1.4.0 , JRE1.4.0
 備考:Javaのバージョンによる動作の違いは不明。
                     ⇒ V1.1 Download

・履歴
 ・6/4新規 Ver:1.0
   ドラッグ&ドロップでXMLとXSLTの変換指定ができます。
   Javaにドラッグ&ドロップの機能があることを知り、作って
  みました。とは言っても、ネット上に公開されているサンプルを拾
  い集め、くっつけただけです。便利ですね、インターネットって。

 ・6/5修正 Ver:1.1
   出力フォルダの指定が可能となりました。
   メッセージも非常に簡単ながら表示されます。4つしかないです。
   XML解析をDOMからSAXに変更しました。これは、スタイ
  ルシートかどうかを調べるだけで、ほとんど処理らしいことはして
  いません。しかも、トップレベルのタグ名で判断してます。


・使用方法
 ・基本
  1.XMLTP.jarというファイルをダブルクリックします。
  2.画面左上に小さいウィンドウが開きます。
  3.使用するXSLファイルをそこにドロップします。
  4.続いてXMLファイルもドロップします。
  5.jarファイルのあるディレクトリに変換結果が出力されます。
  6.複数ファイルを変換したければ、続けてドロップします。

 ・右クリック
   画面上で右クリックを押すと、ポップアップメニューが表示され、
  出力ファイル形式(Html、XML、Textから選択)と、出
  力フォルダの指定ができます。

 ・メッセージ
  ・Drop XML	:XML形式のファイルをドロップしてください。
  ・Drop XSL	:XSL形式のファイルをドロップしてください。
  ・Error	:何かしらのエラー。
  ・XML to xxx	:拡張子をxxxとして変換・保存します。
【 Back 】