●ザウルス用簡易XMLエディタ JZax
  Ver:0.1
  形式:ipk
  言語:Java
  環境:Zaurus SL-C760
  備考:kXML2をXMLパーサーとして利用しています。

                           ⇒ Download

・概要
  Javaによるザウルス用のXMLエディタです。
  ノードごとに編集でき、混合内容も可能ですが、他のテキストエディ
 タやXMLエディタのような要素のコピーやアンドゥ機能などの高度な機
 能はまったくありません。


・インストール方法
  ジオではアップロードできるファイルが限られているため、余分な拡
 張子.classを付けて公開しています。
  ダウンロードファイルjava-JZax_0.1_arm.ipk.classから.class拡張
 子を削除し、java-JZax_0.1_arm.ipkとしてください。
  その後、ザウルスInstall_Filesディレクトリにでもコピーすれば、
 他のipkファイルと同じように、ソフトウェアの追加/削除から選択で
 きます。

  kXML2も同時に追加/削除されるため、別途インストール作業を行う
 必要はありません。


・画面
  JZax画面

 ・似非ツリー(左側)
   ツリービューっぽいリストです。エレメントノードごとに展開、開
  閉ができます。

 ・編集パネル(右側)
   似非ツリーで選択したノードに対応する編集画面が表示されます。
   ただし、制限事項として、属性の値に実体参照を設定している場合、
  属性の値が空になります。また、文字参照も実際の文字に変換され、
  文字コードに戻ることはありません。


・メニュー
 ・ファイルメニュー
  ・新規:新規XMLドキュメントを作成します。
  ・読取:ファイルから読み取ります。
  ・保存:ファイルに保存します。
  ・終了:アプリケーションを終了します。

 ・編集メニュー
  ・項目追加:項目選択メニューで選択されている項目を追加します。
   ・先頭に挿入  :選択要素以下の先頭に項目を追加します。
   ・末尾に追加  :選択要素以下の末尾に項目を追加します。
   ・選択位置に挿入:上位要素の選択位置に項目を追加します。
  ・項目削除:選択している項目を削除します。
  ・改行・タブ・空白ノード削除
    改行、タブ、半角空白のみの値しか持っていないテキストノード、
    CDATAノード、コメントノードを削除します。

 ・項目選択
  ・PI	:Processing Instruction
  ・ELEMENT	:Element
  ・TEXT	:Text
  ・CDATA	:CData Section
  ・COMMENT	:Comment

  ・DTD	:Document Type Definition
  ・ENTITY	:Entity
     ENTITY項目は、DTDで定義されているエンティティを参照する
    際に使用します。先頭の&と末尾の;は自動的に付加されます。
     <(&lt;)、>(&gt;)、&(&amp;)のDTDに定義する必要のな
    いエンティティは、テキストノードに記述すればパーサーが自動
    的に変換してくれます。
     ただし、'(&apos;)、"(&quot;)は変換されません。



・履歴
 ・2003/12/13新規 Ver0.1


・制限事項
 ・XMLとして解析できない文書は正常に編集できません。
 ・対応している文字コードはUTF-8とUTF-16のみ。(それも微妙)
 ・属性に実体参照があると値が空になる。
 ・文字参照が文字コードに戻らない。
 ・属性名などでエラーになっても他の項目へフォーカスを移せる。
 ・ファイルダイアログがしょぼい。(全体もだけど……)
   操作にコツがいるかも……。ディレクトリ項目でエンターを押して
  も、そのままでは移動しません。一度タッチペンでディレクトリ選択
  した後に、エンターを押下してください。
 ・指定のアイコンがないので?マークになってます。
【 Back 】